ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

ぼっちの独り言

気付け、察しろ、バカタレが。

B級映画のタイトルにありそうな記事のタイトルであるが、最近よく思う。 察してくれない人が多すぎる。 私は表向きには「ザ・面倒臭い女」になりたくないため、 口には絶対に出さないが、この場くらいは吐き出させて欲しい。 だから、今日は私の「察してくれ…

今年も毎年恒例のアノ日がやってくる...

このタイトルを見ただけでお分かりいただける方もいるだろうが、 あの日とは、そう、10月31日、つまりハロウィンである。 つまり、「起源とかよく分からんけど、とりあえず仮装して、渋谷行こーぜ」民が 急にアクティブになる日である。 正直、仮装云々より…

「紛らわしい」は「煩わしい」からぼっちは(くだらない)名案を思いついた。

ある夜、私はふと思った。 恋人がいる人は恋人がいると最初から示しておけ。 と。 「何でテメェのためにそんなことしなきゃいけねぇんだよ」と思うかもしれないが、 正直、これがないと本当に紛らわしいのである。 例えば、まず自分が誰かを「ちょっといいな…

パクチーという名の諜報員

スパイは複数の名前を持っている。 そして、それぞれの名前を使い分け、様々な場所に潜入する。 ただ、それは人間だけに限ったことではないと私は思っている。 様々な食べ物の中に、姿形、そして名前までも変えながら入り込んでいる、 そいつは植物界の諜報…

深夜の蒙古タンメン中本

最近、「食べ過ぎてるな〜」と思っているが、中々食事量を減らせずにいる。 だって、美味しんだもの。食べ物が。 そして、食べるよ。にんげんだもの。 と言うことで、久しぶりにやってしまった・・・。 深夜のラーメン。これが最高に上手いんだなぁ〜。 よく…

ようやく時代が私に追いついてきた 〜美容室編〜

美容室。 それは毎度、様々な奇妙なことが起こる場所である。 でもその奇妙な出来事の話はまた今度。 今日は、私が昔から(正確に言うと、2010年代くらいから)思っていることが ようやく最近になって現実味を帯びてきた話。 それは、美容室での電子雑誌の導…

「ベクトルが違う」の正しい使い方 〜後編〜

前編 botchijyoshi.hatenadiary.com 前編のあらすじ ある用事を果たすため、男2人、女2人(自分を含む)の男女4人組が電車に乗り、 車内で男性のヌードトランプでババ抜きをした。 後編のはじまり、はじまり ババ抜き自体は、ふみかが「馬場」ふみかだけに「…

「ベクトルが違う」の正しい使い方 〜前編〜

※公開時、「山ちゃん」が「慎吾」になっていたことをお詫び申し上げます。 何故このような事態になってしまったかというと、 最初、登場人物の男の子を「藤森慎吾似」として「慎吾」にしたのですが、 藤森慎吾に似ているのはぶっちゃけ眼鏡だけで、 本当は南…

大学生の恋愛事情

非リア充ぼっち女子大生が語るような内容ではないかもしれないが、 当ブログは元々、これから大学を目指すキッズ達(高校生はキッズでもないか笑)、 自分が大学時代の頃を思い出してみたい人々、比較したい人々、 純粋に現代の大学生活に興味がある人々など…

新種の痴漢(?)に気を付けよ。

注意:この記事は若干センシティブな内容のため、以前痴漢に遭われた人や痴漢に纏わる話を聞きたいくないという方は読まないことをオススメする。 また、ここに書かれていることはあくまでも完全に私個人の考えであることをご理解していただきたい。 私は通…

正直者は馬鹿を見る。

ー嘘つきは泥棒の始まり! 子供の頃はこんなことを良く言われたものだ。 でも、成長するにつれて分かったことがある。 正直者は馬鹿を見るのだ。 世の中はそんな綺麗事ばっかりの世界なんかではない。 世の中を動かしている政治家や官僚だって、嘘をついたこ…

好きな芸能人との共通点

「好きな芸能人、もしくは有名人は誰ですか?」 と聞かれたとき、誰を真っ先に思い浮かべるだろうか。 私の経験上、8割くらいの人は聞いた本人とどこかしら似た人を答える。 それが顕著に見られるのが、ミスコンのサイト。 私の趣味の1つにミスコンシーズン…

「願い事」の模範解答とは? 〜七夕編〜

最近、生活の中心がワールドカップになってしまっていて、 試合のスケジュールに合わせて寝起きしている。 ひょっとしたら、4年後にはカタールにいるかもしれない(笑) その時に挙動不審なぼっちサポーターを見かけたら、 多分それ、私です。テレビ局さん、…

W杯のにわかファンはいけないのか。

ネットニュースをチェックしている時、自分は必ずコメントの方も読むのだが、 W杯の関連のニュースコメントでよく 「Jリーグも観ないくせにワールドカップになると騒ぎ出す奴」 がやたらと叩かれているが、自分がまさしくそうである。 自分は普段Jリーグは観…