ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

W杯 準々決勝 ベルギー vs. ブラジル 〜前半終了後〜

前半終了時点では2-0でベルギーがリード中。

まず先制点はコーナーからのオウンゴール

ローザ選手(伯)の肩に当たってしまい、ゴール。

2点目は31分、ルカク選手からのパスでデ・ブライネ選手のシュート。

 

改めて、感じたことは:

・ベルギーはカウンターが本当に怖い。とにかく、足が速い。

アザール選手のドリブルは中々防げない

・ベルギーGK・クルトワ選手のセーブ率の高さ

・全体的なベルギーの守備力(と攻撃力)の高さ

・背の高さ→コーナーで非常に有利

 

ブラジル選手とベルギー選手では身長差が大きいため、コーナーキックのチャンスを得た時、ブラジル選手にはショートコーナーの方が良いのではないかと感じた。

ただ、ブラジルも良いところまで運んではいるため、後半はまだどうなるか分からない。

これから後半キックオフ。