ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

W杯 準々決勝 スウェーデン vs. イングランド 〜試合開始前〜

今日は準々決勝2日目。

優勝候補であったブラジルをはじめとした南米国の敗退が次々と決定し、

ロシアワールドカップは予想外の展開が続いている。

そして、本日11:00からはスウェーデンイングランド戦。

今回のGoogle勝率予測は

スウェーデン20%、引き分け30%、イングランド50%

というイングランド優位なパーセンテージになっているが、

今回のW杯ではこの勝率予測はそれほど当たっていない。

そして、ゴールドマンサックスのAIは「20万通りの組み合わせ、100万回のシミュレーションから、W杯の結果を予想した」ところ、

勝戦はブラジル対ドイツで、優勝はブラジル。ベスト4にはフランスとポルトガルが残るとしている」らしかったが、

勝戦のどちらもベスト4に進出することが出来なかった。

上に挙げられている4カ国の中で唯一残っているのがフランスである。

AIにですら予測不可能な試合の連続、それが今回のW杯なのだ。

www.j-cast.com

 

ただ、今回私は以前書いた記事でも述べていたが、

W杯開始前から何の根拠もなしに、何故か直感がフランスが優勝するかもと言っていたため、フランスに最後まで残って欲しい気持ちがある。

 

話が逸れてしまったが、今日はスウェーデンイングランド

両者の対決はなんと今回で25回目!

そして、結果は

イングランド8勝、スウェーデン7勝、9引き分け

となっており、今回も恐らく僅差の戦いになってくるのではないだろうか。

イングランド代表には現時点で6ゴールを獲得しているハリー・ケイン選手

(この時点で4年前のブラジル開催のFIFAワールドカップの得点王・ハメス・ロドリゲス選手と並んでいる)が今日もチームに大いなる貢献をしてくれるだろうし、

スウェーデン代表には親子三代(元)プロサッカー選手の血筋を継いでいる

10番のエミル・フォルスベリ選手もいる。

勿論、チーム全体の構成としても両者ともにそれぞれの持ち味があり、

今日の試合は本当に楽しみである。