ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

ついにAmazon Prime Videoで初めてレンタルしてみた! 〜ジュラシック・ワールド編〜

ジュラシック・ワールド/炎の王国(Jurassic World: Fallen Kingdom)

が7月13日から公開されているが、自分はまだ観に行けてない。

 

 

 

だって、過去のシリーズ見てないんだもん!!

 

 

 

そう、私はシリーズものの映画を観るとき、過去の作品を観なくては最新の作品を観ることができない人間なのだ(私以外にも、絶対そういう人、いるよね?ねぇ?)。

だから、「ここ一週間程度、何を一番頑張ったか」と聞かれたら、

真っ先に答えられる。

ジュラシックパークワールドシリーズを観たことだ。

このキャッチアップは割と疲れた。

合計、7時間50分もの時間をこのシリーズのために費やした(意外と少なかった)。

感覚的には、この一週間、朝起きたら恐竜、お昼休みに恐竜、

移動中も恐竜、寝る前も恐竜、と言うような具合に

とにかく毎日恐竜尽くしの生活を送ってきた。

だいぶ、恐竜慣れしてきた気がする。

(そもそも、これまでジュラシックパークを観てこなかったこと自体が不思議である)

 

そして、今回もお世話になったのが、Amazon Prime Video。

こちらの記事でもその素晴らしさに関して言及したが、

botchijyoshi.hatenadiary.com

年会費3900円(学生は1900円!)で多くの映画が見放題なのは本当に助かる。

(何度も言うが、私はアマゾンの関係者ではない。まんまとハマっているだけだ)。

この便利さと安さはレンタルビデオ屋を本気で潰しにかかっている。

そして、現時点ではジュラシック・パークシリーズ(旧三部作)

がPrimeビデオとして配信(つまり、年会費を一度払えば無料で観られる作品)され、

ジュラシック・ワールドシリーズ(新三部作)の一作目

がレンタル(199円)、もしくは購入(1000円)することができる。

ここまでくると「プライムビデオとして配信してくれよ・・・」

とワガママを言いたくなるが、向こうもビジネスだ。

きっと、今の時期はこの作品は儲けの一部になっているに違いない。

とうとう私もアマゾンで映画にまでお金を落としてしまうようになってしまったと

思うと、向こうの思うツボになってしまっているような気がして若干悔しいが、

関係的にはwin-winだと思うようにしている(笑)

 

そんな感じで毎日ジュラシックシリーズを観ていた訳だが、

詰め込みすぎて

 

 

「いつになったら、コイツら学ぶんだよぉぉぉおおお!」

 

 

と思ってしまった。

あれだけ人が亡くなっているのに、いつまで経っても同じような惨事になっている。

でも、自然なことなのかもしれない。

人間って、新しい技術を獲得すると、過ちを冒しても、

「この次は大丈夫」、「この次は大丈夫」、「この次は・・・」

といつになっても同じ過ちを繰り返し続ける。

ある意味、ギャンブルに似ている。

映画を観ていて、何かを「安全だ」と過信することはいけないなと改めて思った。

安全神話ほど危険なものはない。

どんなものにも、誰にでも「絶対」なんて言い切れるものは

この世には存在しないのだから、やっぱり物事はちょいちょい疑いながら、

慎重に生きていく・進めていくべきなのである。

そんな気がした。

 

でも、このシリーズはひょっとしたら、

短期間で一気に観るべきものではないのかもしれない。

 

 

 

(ここからは、ネタバレ注意!)

 

 

 

 

毎日観ていたら、ジュラシックあるあるが思い浮かんでしまった。

  • 「やめろ」と言っているのに、危険を冒したがるキャラから悪夢が始まる。
  • 子供が普通の子じゃない。活躍しすぎ。
  • 何度も同じ過ちを繰り返しすぎ。
  • 狙われるものを持って来すぎ。
  • 恐竜、しつこすぎ。あと、出番のタイミングを分かりすぎ。
  • メインキャラ、いつもギリギリで助かりすぎ。
  • 大体最後は恐竜同士を戦わせて、何とか助かる。

映画だから全て当たり前だが(笑)

 

結果的に、もし自分が恐竜に出くわしたら、

まぁ、自分の場合は真っ先に食べられるか潰されるだろうが、

とりあえず、他の恐竜と鉢合わせさせるように頑張ることにする。

あと、水中の恐竜がいない限り、水の中にいることにする。

こうして何とか生きられるようにする。もしも話だけど。

 

因みに、ジュラシック・ワールドは一応旧三部作と違って、

恐竜と人間が心を通わせるシーンがあったし、

恐竜のリアリティが格段に上がっていた。

でも、その分何となく恐竜の格闘シーンが多くて、

それ以外の側面が薄くなっていた感じがしなくもなかった。

 

総合的にはやっぱり、最初のジュラシック・パークが一番好き。

シリーズものは大体、(個人的に)最初のシリーズが一番良いことが多い。

例外は多分ゴッドファーザーくらい。

私はPART IIとIIIの方が好きだった。

 

以上、これでようやくジュラシックワールド/炎の王国が観られる!