ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

2018ジャカルタアジア大会 サッカー決勝 日韓戦 〜試合終了後〜

1-2で韓国の勝利。

結果は残念だったが、日本も最後まで良く根気強く戦ったと思う。

試合の前半では韓国(かなり)優勢に感じられたが、

粘り強く守る姿勢により無失点で抑えられて良かった。

 

後半も0-0で、延長戦へ。

後半は日本の粘りが効いたのか、前半よりはチャンスが増えた。

 

延長前半開始直後は日本のミスで決められてしまうと思ったが、

韓国のシュートが外れてくれたお陰で何とか助かった。

だが、延長前半3分、韓国先制点。ついに決められてしまった・・・。

ここから、韓国に余裕が出たのか、良い流れが韓国へ。

さらに延長前半10分、韓国、セットプレーからヘディングシュート。

再び決められてしまったか・・・。

延長前半アディショナルタイム1分で再び韓国に入れられそうだったが、

運よく外れたため、助かった。

 

延長後半10分、最後の最後にようやく

初瀬選手のコーナーキックから上田選手のヘディングで決めたーーー!!

これで1-2に。

その後も、松本選手のスルーパスからシュートが決まるかと思いきや、

これは惜しくもシュートには至れず。でも、諦めない姿勢は素晴らしかった。

 

実は決勝の結果を30分ほど前にネット速報で見てしまったため、

分かっていながらNHKBS1を観ていたため、リアルタイムで見たかったのが本音。

 

今大会、やはり上田選手、輝いていた。

日本のサッカーの明るい未来に大きく貢献してくれるだろう。

決勝に前田選手が出場出来なかったのは残念だったなぁ...

 

これからも選手たちには素晴らしいサッカーをみせて頂きたい。

日本、銀メダル、おめでとうございました。