ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

衝撃のラスト!『アリー/ スター誕生』を観に行った件(ストーリー紹介が若干ネタバレかも)。

※この記事は、あくまでも個人的な見解だということをご理解いただけると幸いです。

 

これで今年最後の投稿になるため、お許しを・・・。

あ、「獣ゆく細道」良かったです(紅白)。

 

アリー/ スター誕生(原題:A Star Is Born)のぼっちポイント】

68%/100%

 

マツコやLiLiCoのコメントが度々CMに流れてくる『アリー/ スター誕生』 。

予告編からして私好みの映画ではなかったため、本当は観るつもりはなかったのだが、

偶々時間が空いたのと、マツコがコメントを寄せていたことから、「観るか」となっ

た。

正直、スケジュール的に色々と間違えたな〜と思った。

というのも、この映画を観る前に車の中で『それでも夜は明ける』を観てしまったた

め、どういう気持ちで次の映画を観て良いのかが分からなかった。

気持ちを処理しきれない内に次の映画を観るって、オールでパーリーした翌日に朝一の

会議に出席するようなものである(したことないけど)。

 

ストーリー紹介

ざっくりとした説明は、ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)という酒とド

ラッグに溺れている有名なカントリー歌手がドラァグバー(ドラァグクイーンがパフォ

ーマンスするバー)で歌うアリー(レディー・ガガ)の歌声に心を打たれ、ジャクソン

は彼女を自身のコンサートに起用した。2人は徐々に惹かれ合い、アリーはスターダム

を駆け上がっていった。一方、ジャクソンは彼女の成功すらもストレスになりさらに自

暴自棄な生活を送り、衝撃のラスト迎える。

 

予告編▼

youtu.be

 

感想

ご存知の方も多いと思うが、今回は4度目のリメイクである。

あと、監督は主演も務めるブラッドリー・クーパー

ブラッドリー・クーパー主演/出演作は『ハングオーバー』、『リミットレス』、『世

界に一つのプレイブック』、『そんな彼なら捨てちゃえば?』、『イエスマン』などな

ど割と明るめの映画ばかりを観てきたため、今回のような映画の彼を観るのは初めてだ

った。あと、歌を歌っているのを初めてみた気がする。そういった意味では良かった。

また、本作品の主演であるレディー・ガガは歌手のイメージが強かったため、演技はど

うか気になっていたが、特に申し分なかった。

そして何よりも、「やっぱ歌、うめぇぇぇぇぇぇぇ」って感じだった。

「うめぇぇぇぇぇぇぇ」とか言うと、軽い感じに聞こえるかもしれないが、本気で言っ

ているのだ。特に最後の歌はガガの歌に心が打たれた。

「じゃ、なんで結構点数低いの?」と思うかもしれないが、それは冒頭も述べた通り、

あまり好みのタイプのストーリーでなかったことと事前にみていた『それでも夜は明け

る』が影響している。

あまり恋愛・ミュージカル映画は好きなジャンルではないからだ。

 

ただ、様々なサイトや雑誌の評価はめっちゃ良いし、日本ではスタートから伸び悩んで

るみたいだし、観るべきだとは思う。

映画館では周りほぼ全員号泣してて、私だけ泣いていないから冷血人間みたいになって

いた。

事前に言っておくが、精神状態が不安定な時に観るとちょっとキツすぎるかもしれな

い・・・。