ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

W杯 準決勝 ベルギー vs. フランス 〜前半終了後〜

前半は0-0、両チーム無得点のまま後半へ。

ミスの許されない、緊張感の高い前半だった。

前半の序盤は慎重で、互いの様子を伺いつつ試合が運ばれていた。

前半12分ごろのムバッペ選手のスピードが相変わらず凄い。

前半15分、1発目はアザール選手がシュートを放つが、ゴールには至らず。

2発目は約18分マテュイディ選手のシュートがあったが、クルトワ選手に止められる。

その後、アザール選手もうってきたが、これもまた入らず。

21分、コーナーキックから、ベルギー選手のシュートが来るが、ロリス選手のセーブ。

ただただ、凄い。

両チームともキーパーのセーブ力が強い。これぞ、準決勝という印象。

また、アザール選手は本当に止められない。

「3人掛かりでも止められないとか、どういうことよ」という感じだった。

30分、フランスのFKで、チャンスだったが外れてしまう。

32分、再びフランスが見事なパスワークを見せ、グリーズマン選手が非利き足の右足でシュートを試みるが外れてしまう。

39分、ムバッペ選手→パヴァール選手で「シュート!」となるかと思ったが、

クルトワ選手が長い足を延ばし、入らず。

43分、またフランスにFKのチャンスが訪れるが、ベルギーの壁の高さが高すぎた。

ベルギー選手が長身すぎて、FKからはほぼ入らないと思う。

ここまで、ベルギー6割、フランス4割とポゼッション率はベルギーが高め。

ベルギーはカウンターで一気に試合の流れを変えて来るから、改めて「怖い」と思った。

 

もっと盛り上がりたいのに、夜中だから叫べないのが辛い・・・。

さぁ、ここから後半戦。どのような形になっていくのだろうか。