ぼっち女子大生の「おひとり様にやさしい世界を」

ぼっちな女子大生の日常をひたすら書き連ねる

W杯 ついに決勝戦 フランス vs. クロアチア 試合経過 〜前半終了後〜

前半は2-1でフランスリードの中、後半へ。

 

試合前セレモニーにロナウジーニョが演奏!

盛り上がってまいりました、2018 FIFA ワールドカップ ロシア。

決勝はフランス vs. クロアチア@ルジニキ・スタジアム。

今日もマクロン大統領、そしてプーチン大統領も観戦に来ている。

 

序盤はクロアチアがポゼッション率が高く、攻める姿勢が続く。

前半17分、フランスのセットプレー。

フリーキックはいつも通りグリーズマン選手(の左足)。

そこからマンジュキッチ選手の頭に当たってしまい、オウンゴール

まるで吸い込まれるようなゴールだった。

フランス、早くも先制点。

前半20分、クロアチアセットプレー。キッカーはモドリッチ選手だったが、入らず。

スタジアムに強い雨が降り注ぎ、風が吹く。

 

23分、再びクロアチアのセットプレーのチャンスが訪れるも、これもまた入らず。

27分、ペリシッチ選手のドリブルに対するカンテ選手のイエローカード

クロアチアのFK。そして、ペリシッチ選手のゴーーーール!

これはさすがのロリス選手も防げなかった。

クロアチアが同点に追いつき、試合がさらに面白くなってきた。

それもあってか、スタジアムの雨が弱まってきた。

32分時点では、クロアチアはシュート数3だが、フランスはまだ0。

36分、VARの結果、ペリシッチ選手のハンド判定でフランスにPKの大チャンス。

キッカーは勿論グリーズマン選手。

そしてゴーーーーーーール!

フランス、勝ち越しゴール成功。

決勝というプレッシャーの強い場面で非常に落ち着いて決めていた精神力がすごい。

40分、エルナンデス選手に対するイエローカード

42分、雨は上がるが、雷が鳴る。

42分、クロアチアモドリッチ選手のFKから、CKへ。

そしてまたCKだったが、フランスのクリア。

44分、ウムティティ選手がエリア内で倒れる。

膝を負傷したようで、ピッチ外へ。

クロアチア、再びCKだったが、入らなかった。

45分、ウムティティ選手がピッチに戻る。

アディショナルタイムは3分。

そして前半終了。

セットプレーが大きな鍵となった前半だった。

 

今日は、クロアチアは黒のユニフォームではなかった。

この後、後半、勝敗の行方はどうなるのか。

天気も気になるところだ。